2011年04月01日

ラジオイタリア語講座復活

昨年度はテレビでイタリア語を見るため、お休みしていたラジオのイタリア語講座を、今週から復活することにしました。テレビは節電のため、見る番組を縮小します。
聴くラジオ講座は、アンコールまいにちイタリア語。昨年の講座が、今年はアンコールイタリア語の番組として再構成されています。実は、アンコール講座のほうがテキスト代が安いのです。ラジオを録音するのではなく、NHKの語学サイトから番組をダウンロードして保存しておいたファイルがあるので、ラジオのノイズもなく高音質。いいことづくしです。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

祝!初イタリア語会話

昨日に引き続き、仕事で講演会に参加。今日の講演はイタリア人でICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)議長のパオロ・ベッキア氏。昨日も日本科学未来館で「超低周波電磁界に関するガイドラインの改定について」という演題で講演なさったのとほぼ同じ内容です。
講演はなまりの強い発音、しかし流ちょうな英語で行われました(通訳付き)。講演が終わった後、司会者から「質問をどうぞ」。しかし誰から出てこない。そのままお帰りいただくのは失礼ですから、私が手を挙げました。「私は○○社の寺澤です。素晴らしい講演をどうもありがとうございました」とイタリア語で挨拶してから質問しました。ベッキア議長、とてもにっこりされて丁寧に私の質問に答えてくださいました。講演後、ベッキア議長が一番前に座っていた私にイタリア語で声をかけてくださいましたが、二言三言で「すみません、そんなには話せないので英語でお願いします」とリタイア。しかし記念すべきイタリア人との初イタリア語会話は、とっても偉い方の間で実現してしまいました v(≧∇≦)v ♪

posted by Paconta at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

ボルダリングに初挑戦!

20100911boldering.JPGNHK教育テレビの「テレビでドイツ語」によると、ドイツの首都ベルリンでは今クライミングが流行しているのだそうです。リポーターのMarei Mentlein (マライ・メントライン)さんが、クライミングジムでの体験レッスンを受けていました。それを見ていた次男のみーくんが「僕もやりたい」。ベルリンまで行ってやるのはたいへんなので、近場にないかと検索してみたら、日暮里にRhino and Birdというボルダリングジムがあることが判明。本日行ってきました。
場所は日暮里駅と西日暮里駅の中間ぐらい。日暮里駅東口から左に折れ、わしたショップ日暮里店の前の道を直進して常磐線の踏切を渡ります。京成線の高架の下を左後ろに曲がって山手線の線路のほう…のはずだが?それらしい建物がない。よく見ると、スレート葺きの工場と見えた建物がそうなのでした。改装してジムにしたようです。入り口のドアノブにホールドが使われています。でも看板も何もない、目立たない建物です。
受付で初めてである旨を告げ、書類を記入して料金を払い、登録手続きを済ませます。レンタルのシューズチョークを受け取って、オリエンテーションを受けました。基本的な注意とルールの説明がありました。
最初に難儀したのが専用のシューズ。専用のもので、いかにも滑らないゴム底になっているのですが、何とシューズの中で足の指先が曲がったまま。これって小さいのではないかと思いましたが、これでよいのだそうです。歩くためのシューズではないので、登る時だけ履くようにしてくださいとのこと。言われなくても、とてもずっと履いてはいられません。
そしてルールは、ホールド(壁に取り付けられた突起)のそばに貼ったカラーテープに番号が書かれており、同じ色と番号を使ってStartからGoalまで登るとのこと。StartとGoalは両手で掴まって成立になります。さらに、手は指定されたホールドを使うが足は自由という課題と、手も足も指定されたホールドを使う課題があります。もちろん後者のほうが難しい。色はレベル別になっていて、今日は初めてなので初級のピンクから始めました。
手足の力も必要ですが、むしろ大切なのは身体のバランス感覚だと思いました。
2時間ほどの滞在で、休憩しながら2階の壁を中心にチャレンジしていきました。予想どおり結構いい運動になり、楽しいものです。みーくんは身体が小さい分、初級の課題でも苦労していましたが、あまりこだわらなくても良いのかもしれません。
ここは比較的若い人が多かったですが、中年の人も何人かいました。
ジムでのボルダリングは、運動しやすい服装と汗拭きタオルだけで手軽にやることができるので、みなさんも試してみては。
posted by Paconta at 23:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ギクッと来た

この暑さの中に咳が止まらないところへもってきて、昨晩さらに軽くギックリ腰。激しく咳き込むと腰に響くという、最悪の体調。せっかくの夏なのに、しばらくは何もできません。あ〜あ、いいことないかなぁ…。
と言いつつ、通勤読書で久しぶりに故千野栄一先生の「外国語上達法」 (岩波新書 黄版 329)を読みました。約20年前、朝日カルチャーセンターで半年間チェコ語を千野先生に習いました。授業の合間には、チェコ語以外の言語の話もポンポンと出てきてすごい先生だなぁ〜と目を丸くしたものです。私がいろいろな語学にチャレンジしてみようと思うのは、千野先生によるところが大きいのです。この本はお薦めです。
posted by Paconta at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

ラジオ スペイン語講座上期前半終了

3ヶ月間、欠かさず聴いていたNHKラジオスペイン語講座(アンコール まいにちスペイン語)の前半が終わりました。ゆっくり復習できないので取り残された感がありますが、まあ雰囲気はつかめたと思います。後半はどうしようか、迷うところです。
posted by Paconta at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

語学カテゴリーを追加しました

あまり「その他」カテゴリーがごちゃごちゃするのも何ですから、まとまりがあって今後も書く予定のあるカテゴリーは分けることにしました。
Euro24のイタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語もほぼ毎日家族で欠かさずに見て早12週目となりました。相変わらずどの番組も趣向を凝らしてあって見逃せません。番組にちなんだ話題も書きたいので、カテゴリー「語学」を作成し、関連する記事を「その他」から「語学」に移動させました。
振り返ってみると、日本語と英語はともかく、大学の第2外国語で選択したのがドイツ語、カルチャーセンターで半期だけ通い旅行で一応使ったチェコ語、5級だけ取れたフランス語、入門の新書を一冊だけ読んだラテン語、ラジオ講座とテレビ講座でここ数年勉強中のイタリア語、民謡を唄い、文法書も一応読んでいるウチナーグチ(沖縄方言)、今期からラジオ講座を聴き始めたロシア語&スペイン語と、かれこれ10カ国語に触れているんですねぇ。ものになっているのはほんのわずかで、後はかじっただけなのがほとんどですけど。別にぺらぺらに会話したり、読み書きできるようになろうという気はなく、ちょっとした挨拶や、音楽をオリジナルの言語で感じられるようになりたい、という動機なんですね。語学も趣味のひとつだなあというわけで、カテゴリーに昇格です。
posted by Paconta at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

イタリア語で柿は

先週の「テレビでイタリア語」で、市場で柿を買うシーンがありました。柿は日本語が取り入れられ、イタリア語でも cachi (カキ)です。面白いのは、-i で終わるのでカキは男性名詞複数形となり、単数では語尾が -o で終わる男性名詞として、il caco と言うそうです。規則的な変化をさせてしまうところが面白いですね。
イタリア語の名詞は、男性名詞が -o で、女性名詞が -a で終わる言葉がほとんど。これを「男(-o)、女(-a)の法則」と以前の講座で言っていました。例外もありますが、数が少ないので覚えやすいと思います。
先週の欧州4言語のキーフレーズは、
 伊 Quanto costa?(いくらですか?)
 独 Wie viel kostet der Stuhl?(その椅子はいくらですか?)
 仏 Ça coûte combien ?(これはいくらですか?)
 西 ¿Cuánto cuesta?(いくらですか?)
イタリア語とスペイン語はほとんど同じ、フランス語も似ていて、ドイツ語は雰囲気が違いますね。ちなみに英語(How much is this?)も。

posted by Paconta at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

Euro24一ヶ月完走!

4月から始まったNHK教育テレビの語学番組、欧州4言語(イタリア語・ドイツ語・フランス語・スペイン語)の「ユーロ24」プロジェクト、初めの一週間だけ4言語を見て、今年見る番組(言語)を決めようと思っていたのですが、どの番組もとても面白くて捨てがたく、結局1ヶ月通して見てしまいました。フィレンツェ、ベルリン、パリ、マドリードに短期滞在するためにまずアパートを探します。どれもほぼ同じような状況で話が進められ、同じ内容の重要表現を学びます。つまり一つの内容を4つの言語でどういうか、各国の風景や文化を比較しながら覚えられるわけです。
各地の美しい風景や文化も興味深いし、生徒役がいずれ劣らぬ美女ぞろい。
イタリア語の萬田久子さんは一番年長ですが、元ミス・ユニバース日本代表。イタリア語が全くわからない設定がちょっとじれったい。
ドイツ語の原沙知絵さん、唯一タメ口での会話がフレンドリーです。リポーターのマライ・メントラインさんもかわいい。
フランス語の知花くららさん、2006年ミス・ユニバース世界大会第2位は文句なし。しかも留学経験があって流ちょうにフランス語を話します。講師の國枝先生とパトリス・ルロワさんのコンビも語学番組を超越した面白さです。
スペイン語の片瀬那奈さんが演じる「絵画の中の王国」でスペイン絵画を見たがるわがまま王女もいい雰囲気です。
結局絞り込めない理由はそれかよっ!…失礼、これはネタです。せっかくなので、時間が許す限り4言語とも見ていきたいと思います。
posted by Paconta at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

NHK語学番組 Euro24

いっぽう、TVでは欧州4言語イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の番組が、フィレンツェ、ベルリン、パリ、マドリードでの短期留学をテーマに同じようなシチュエーションの表現を平行して学ぶという「ユーロ24」プロジェクトが放映されます。これは面白そうですね。語学の学習はもちろん、舞台となる都市の様子を見るのも楽しそうです。問題は、4番組を欠かさず見ていく時間が足りないことでしょうか。録画しても、追いつけるかどうか。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

テレビでイタリア語を見よう!


昨年度から、NHKのラジオ講座を使ってイタリア語の勉強を始めました。今年度は「テレビでイタリア語」の視聴も追加。イタリア語の表現を、ヴェネチアを舞台に学べるからです。特に地デジで見るヴェネチアの風景はとても美しい。大型液晶TVを買って良かった!という満足感も得ています。ついでにロマンチック街道をサイクリングで縦走するドイツ語講座まで見ているぐらいです。
さて、イタリア語講座の後半、「文法戦隊イタレンジャー」のコーナーがたいへん面白い。イタリア語を話す宇宙からの侵略者パスタネーラ星人が発する文法問題を、青山草太と大佐藤崇が扮する文法戦隊イタレンジャーが解いて攻撃を跳ね返すという構成です。
まず、このネーミングが絶妙ですね。他の言語では、イングレンジャー、ドイレンジャーまたはゲルマンジャー、フラレンジャー、ロシレンジャー、スペレンジャー、中レンジャーにハンレンジャー?う〜ん、イタレンジャーほどしっくりと来ませんねぇ。
対するパスタネーラ星人は、独裁的女リーダーのダニエラと間抜けな三人男。これはヤッターマンのパクリであることは明白。ダニエラの恫喝的命令とともに、"Si,Si,Subito!(はい、ただいま!)"と転送
装置(もちろんスタートレック)でイタリアなどに出撃。
イタレンジャーは研究所で文法事項(これまでは名詞・動詞の変化)を武器として習得するうちに、パスタネーラ星人の来襲で緊急出動。
パスタネーラ星人の放つ単語をイタレンジャーがうまく変化させれば、パスタネーラ星人にダメージを与えられます。しかしパスタネーラ星人が巨大化し、未習の変化形で攻撃してくると、うまく答えられないイタレンジャーにダメージ。そこへ"Sono Monica(私はモニカ)"と謎の宇宙人モニカがスクリーンに現れて、解法を教えてくれます。そしてイタレンジャーはめでたくパスタネーラ星人を撃退します。
一部始終をモニターしていたダニエラは、3人のていたらくに激怒し、「おしおき」を宣言する(これもヤッターマン)。最後に「お
しおきは番組のホームページへ」というテロップが表示され、おしおきの様子を動画で見ることができるという趣向になっています。
寸劇に仕込まれたギャグが秀悦です。いくつか紹介しますと、
・(パスタネーラ星人)ここはどこだ?運河があるからヴェネチアじゃないの?−フランス語の講座で見たことがあるような気がする…というコント
・イタレンジャーのテーマソングがある
・イタレンジャー…見参!(ポーズを決めた後再び) 見参!(2度やると間が抜けていておかしい)
・パスタネーラ星人がイタレンジャーの研究所に侵入、ところが天井から金だらいが頭に落ちてくる(ドリフターズの十八番)。
・(イ:パスタネーラ星人が侵入した研究所で)ここで巨大化するのか?天井があるから無理だろう(逆にパスタネーラ星人はイタレンジャーを小さくしてしまう)。
・イタレンジャーのテーマソングに焼きもちを焼き、パスタネーラ星人のテーマソングを同じメロディーで作ったタイトルが「パスタネーラ星人の逆襲」(スターウォーズ)
・パスタネーラ星人が研究所から脱出したついでに、イタレンジャーのマスコットロボット「パッリーノ」を連れてきてしまう。パッリーノの「〜でイーノ」という話し方がイヤなので、リモコンでパッリーノを宇宙人モードにする。と、「うちはパッリーノだっちゃ」と発言。(パ)「宇宙人といっても『だっちゃ』は危ないだろう(懐かし〜い、うる星やつら)」とSFロボットモードにすると「パッリーノでコロン」。「『コロン』もまずいだろ、ただでさえ番組自体にパクリ
疑惑があるのに。『コロン』のせいで打ち切りになったらどうする!」
数々のパクリは、NHK、それも語学番組とは思えないほどです。我が家ではこどもたちも一緒に爆笑しながら見ています。ぜひ一度見てみてください。
posted by Paconta at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。