2010年01月31日

新しい花粉対策グッズ


そろそろ花粉が飛び始める季節になります。エーザイから「クリスタルヴェール」という塗るマスクが発売されているということを知り、興味を持ちました。「少量のジェルを鼻の外側に塗るだけで、イオンの力で生じたプラスの静電界が、帯電微粒子(花粉・ハウスダストなど)を反発や吸着することで鼻腔内への侵入を防ぎます」というしくみで、ジェルは「水溶性陽電荷帯電ポリマー」なんだそうです。どうでしょう、効くものでしょうか?少しでも効果があり、吸入される花粉量が減少するなら試してみる価値はあるだろうということで、一個注文してみました。ただし花粉に対してはマスク・薬ほか多重防護するので、単独の効果は判明しそうにありません。
ゴム銃製作、特にサンディング時に発生するダストにも効果があるなら、重宝しそうです。
posted by Paconta at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

おみくじ割り箸

20090106Omikuji.JPG
面白そうなので、年末に買っておいたもの。紙製の六角形の筒をよく振って取り出すと、大吉・中吉…と一言メッセージが書いてある割り箸が出てきます。大吉の箸でゴム銃を作ったら、よく当たりそうです。
posted by Paconta at 23:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

今日の買い物 for HSP701 KKS

単発瞬間開放式公式射撃競技3種目兼用ゴム銃 Tammary HSP701 KKS の発注者が、仕上げとして黒塗装を希望したので、ダイソーでスプレー塗料を買ってきました。実はたまたま店頭でみかけたから選んだのですが、「カンタン・キレイ 豪華な仕上がり! メタリックペイントスプレー ブラック No.101 油性 150ml 210円」というものです。これまでに使ったことはないので、どういった仕上がりになるのか楽しみです。塗装はベランダでの作業になるので、週末に行う予定です。
posted by Paconta at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

レインボープロダクツさまさま

レインボープロダクツのゴム銃組み立てキットは、機構や構造に盗用の疑惑があるわけですが、実は今年はやりのストリング・リリース方式電動サブマシンガンを作るのに欠かせない、アルミプーリーのメーカーなんです。また、手回しハンドルなども使えそうです。
posted by Paconta at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

平行ピンを買ってきた

ハンターさんお勧めの平行ピンを東京・秋葉原の「ねじの鋲定本店」に注文してあったのを受け取りに行ってきました。2φ×15mmの1000本入一箱です。価格は総額6825円、1本6.8円という勘定です。
真鍮棒を切断し、両端のバリ取りを行う手間から解放されるのは実際ありがたいことです。
posted by Paconta at 23:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

平行ピン

ハンターさんが機構部軸として、平行ピンを使うことを発案され、注文したという話を伺いました。JIS規格のさまざまなサイズの平行ピンがあるようです。ゴム銃用として使うサイズ、2×16mmが1本6.5円だそうです(大喜多株式会社製)。これはなかなか魅力的です。真鍮棒1m1本90円から60本のピンが取れるとすると、1本1.5円ですが、正確な寸法に切り出して両端のバリ取りをするのが結構たいへんな手間になっています。もちろん糸鋸も消耗します。1本5円の手間賃とかんがえればお徳です。
私も取扱店の鋲定本店に注文することにしました。ただし、私は5mmアガチスが標準材なので、2×15mmを使うことにします。
posted by Paconta at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

東急ハンズアガチス価格改定

東急ハンズで販売しているアガチス材、ひととおり価格を調べ、材料価格例を改定しました。一番良く使う、5mm厚30mm幅600mm長は84円→94円、5mm厚45mm幅600mm長は115円→136円と、10〜21円の値上げ(より大きいサイズではそれ以上)となっていました。
posted by Paconta at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

値上げ

しばらく前に東急ハンズで購入した5×45×600のアガチス材に、\115と書いた値札が貼ってありました。やはり\136に値上げしたようです。まあ、この程度なら製品価格への転嫁はしないで頑張ります。Tammary 8000G、逓信総合博物館での熱中生活フェスタで\2,000円で販売予定です。
posted by Paconta at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

アガチス値上げ?

東急ハンズで買っておいた5mm厚×45mm幅×60cm長のアガチス材を加工する際に、ふと値札を見ると136円と書いてあります。以前調べて作った「材料価格表」には、115円と記載してあるので、21円高いことになります。現地調査に基づく材料価格表、メモの書き写し違いなどの可能性もあり、必ずしも確かだとは言い切れません。でも30mm幅で84円は確かです。東急ハンズは幅と値段とはほぼ比例関係で若干安めになっています。すると115円のほうがやはり妥当な値段に思えます。いつの間にか値上げしたのでしょうか?
posted by Paconta at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ボールペンバネ倍増作戦

ゴム銃のシアとトリガーを復帰させるシアバネは、廃ボールペンから取り出したものを使っています。そうたくさん入手できるとは限らず、今回量産するのに不足してきました。ふと気が付きました。長いバネは、半分に切って使えばよい。今まで長いまま使っていたのがもったいなかった!?
posted by Paconta at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

水性アクリル塗料


ゴム銃に塗るタミヤ製アクリル塗料は、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店では約100円ですが、あいにく目的のガンメタル色が在庫切れ。やむなくLaox ASOBITホビーシティーで購入。こちらでは130円します。
posted by Paconta at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

コルクも品切れ

ダイソー南千住LaLaテラス店でも、グリップに使う3mm厚コルクが品切れ。思い立ったときに材料が入手できないのは、とても残念です。
今日は風邪気味なので、作業せず早めに寝ます。
posted by Paconta at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

本日の買い物@東急ハンズ横浜店

日本ゴム銃射撃協会の掲示板で案内されているとおり、5月1日(木)〜5月6日(火)GW中に高島屋日本橋店で「熱中生活フェスタ」のミニ版があるそうです。とりあえず量産の準備をしておこうと、東急ハンズ横浜店に買い出しに行きました。残念ながら、相変わらず30mm幅アガチス材は、片手の指で数えるほどしかまっとうな商品がありません。45mm幅はなんとか確保できました。そしてφ2mmの真鍮棒は十分あったので、必要な時にないよりはと、5本ほど仕入れました。真鍮棒だけは、これだけあれば今年は足りるでしょう。
posted by Paconta at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

木工用ボンドの接着力


昨日図書館から借りてきた「NHK科学大好き土よう塾1」(NHK出版)に興味深い説明がありました。1辺が4cmの木片2つを木工用ボンドで接着し、丸一日乾かします。クレーンのワイヤーに結びつけ、重さ500kgのグランドピアノをつり上げることができたそうです。機械を使って引っ張り耐力試験をした結果、1400kgで木片のほうが壊れ、接着部分は計算上は3000kgまで耐えられるとのことです。
木材の種類によっても異なるとは思いますが、どうりで接着部分をあとで剥離させようとしてもできないわけですね。
他にも科学知識がたくさん載っている「NHK科学大好き土よう塾1」、お薦めです。
posted by Paconta at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

半分までコーディング

ホームページを作るのに、スタイルシートをきちんと勉強して、とりあえず作ったままのページをきちんとしようと努力しています。
ゴム銃素材価格表(1)のタグ付けと、スタイルシート書きが半分までできました。ただ、テンプレートを当てはめていっただけなので、配色の調整はこれから。また、後半の表がかえって崩れてしまっていますが、順次整形していきます。
主にtableタグをdiv class=""などに置き換えていっていますが、かなり単純化できるので便利です。
posted by Paconta at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

アガチス材が…

横浜・渋谷・新宿の東急ハンズ3店で30×600×5mmアガチス材が全滅状態です。わずかに残っていた、それも若干反りがあるものは全部買ってしまいました。後は曲がりのあるものが各数本しかありません。
良質の材料をどんどん仕入れていただかないと、ブレークするゴム銃ブームに追いつきません。
posted by Paconta at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

Amazonの箱

200801Amazon.jpgAmazonで本を買った時に送られてきた箱。完成したゴム銃を発送するのにもちょうど良さそうです。
…と思って取っておくものだから、結構箱がたまってしまって。肝心の中身がなかなか完成しません。
posted by Paconta at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

黄色のボンド

木製ゴム銃を作るのに不可欠な木工用ボンドには、含水率の違う2種類の製品があります。普通のものと、含水率を下げ、乾燥しやすくした即乾タイプのものです。乾燥時間の短縮のため、即乾タイプを使う方が多いようです。
普通のものは黄色、即乾タイプは白い容器に入っている…と思われていますが、実はこれは小さい容器の場合。大きな容器では逆に黄色が即乾タイプですので、表示を確認して購入するようにしましょう。
密閉できる大型容器を買って、小瓶に詰め替えて使うと経済的です。
posted by Paconta at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

アガチス代用品

ゴム銃の素材としてとても重要なアガチス材が不足気味という状況を昨日お伝えしました。
確かに、印鑑店のホームページで、ゴム印の台木に使うアガチスについて、「マレーシアでは既に「伐採禁止」、インドネシアでは「伐採量規制」をしています」との記述が見られます。
ただし不足なのは30mm幅のものだけで、その他のサイズはある程度の在庫はあります。工作用の素材としてはたかが知れた量ですので、ゴム銃の人気上昇によるものかも知れません。
ゴム銃の素材として重要なのは、サイズが豊富であること。これを満たす代替材としては、東急ハンズにはホウ(朴)またはヒノキがあります。ただ、ホウはアガチスよりも若干高くかつ色が暗め、ヒノキは明るい色ですがさらに高価です。
てんこうさんご指摘のバーチ合板は、シナ合板同様板材として販売しているでしょう。必要な厚みのものがあれば、プロクソンのスーパーサーキュラーソウテーブルで任意の幅に切り出すことができそうです。ただし仕上げ塗装しなければ合板は少しチープに見えるかも知れません。もっとも完璧に塗装するとIshidaさん作品レベルになります。
その他MDFが使えれば品質が一定なので便利ですが、片掛けで反りを生じる銃身、機構部の軸穴が強度的に耐えられるかどうかが心配です。
posted by Paconta at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

アガチス不足

ゴム銃製作で一番よく使う、良質な30mm幅アガチス材がなかな入手できません。年末にハンズ横浜店で取り寄せ注文した20本のうち、反り・曲がりともないものは2本、そのほかに同日に入荷した店頭在庫もかなりありましたが同様にほぼ全滅でした。仕方がないので、部品が短いことを考慮して、反りは許容して購入せざるを得ません。もともと銀座店は30mm幅は置いていないし、最寄りの北千住店も棚は空。西側の池袋・新宿・渋谷へ行くのも面倒です。仕方ないのでお正月から営業しているドイトで、少々割高ながらとりあえず入手しました。
posted by Paconta at 00:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゴム銃製作材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。