2008年04月28日

初のフルオートゴム銃完成

Tammary8000FA.JPG
Paconta Factory初めてのフルオートゴム銃が完成しました。といっても完全なオリジナルではなく、機構はおんちゃんのPPK-Meisterのものをそっくりそのまま正確に模倣して、Tammary 8000に適用しました。
この機構は、ハンマーに見立てた遅延装置が、カタカタ…と前後に往復しながら正方形ホールドフックの回転速度を抑制します。大好きな連射機構です。
お手本のおんちゃんの作品はアクリル製なので、初めは木での製作は困難なのかと考えていました。しかしKEROKERO火器商会さんの作品は合板製なので、一度試してみようと思いつつ、なかなか手が付けられなかったのでした。
基本構造として、Tammary 8000を使っているので、機構を組み込む設計をしてしまえば、後は簡単でした。良いお手本と図面が手元にあり、確実に動作することがわかっているので、調整に大きな苦労もなく完成しました。よく使われる方法ですが、遅延機構にはボルト・ナットで重量を増加させることで、速度を抑制させています。
通常のTammary 8000よりもフレームの厚みが6mm増したので、トップヘビーになっています。ウエイトを内蔵させるなど、もう少しグリップを重く作ったほうが安定感があったようです。
フルオート射撃はとても楽しいものです。これまで単発式競技用銃に専念してきましたが、今年から(といってももう1/3が過ぎようとしていますが)いろいろな形式のゴム銃に挑戦していきたいと思います。
posted by Paconta at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フルオート完成おめでとうございます。以前PPK-MEISTERをさわらせてもらったのですがアクリルの滑りの良さが生かされたのか、重心と軸のずれた遅延器なのに安定して作動していました。銃を下に向けたり逆さにして撃ったりいろいろ試してみたことを思い出します。合板でもうまくいったのはPacontaさんの加工精度と仕上げの丁寧さもあると思います。
Posted by KEROKERO火器商会 at 2008年04月29日 10:41
KEROKERO火器商会さん、ありがとうございます。
私の加工の腕前というより、スーパーサーキュラーソウテーブルの働きのほうが大きいですね。スパッときれいな直線に切ってくれますので。
あれこれ悩むより、まず作ってみることですね。
Posted by Paconta at 2008年04月30日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。