2015年05月06日

マイク付き消音駒の製作

DSC08955.JPG沖縄の三線工房まちだ屋(ワンダフル沖縄)に、「夜間練習用 消音ウマ マイクシステム『三線ジョージ2』」という製品があります。マイク付き消音駒と、ヘッドホンアンプ、ヘッドホンがセットになって8,000円+税+送料。

普通の三線の場合、消音駒を使えば音は小さくなりますが、自分にも三線の音はよく聞こえません。それこそが、師匠が消音機能付き三線を考案された原点であるわけですが、電気的に増幅した音をヘッドホンで聞けるなら魅力を感じる製品です。
しかしこのヘッドホンアンプ(JOYO I-PLUG)は2,500円程度で、デジタル入力に対応しておらずちょっとチープ。どうせならハイレゾ対応ポータブルヘッドホンアンプが欲しいとか、素性がよくわからないヘッドホンではなあ、とか色気が出てきます。

ならば好きな器材で組んでみようと、まずはマイク付き消音駒を自作してみました。以前から作っているタイプに、ちょっと不格好ですがコンタクトマイクを貼り付けられるデザインにしました。
コンタクトマイクは700円ぐらいからありますが、アーテックのピエゾピックアップ A1-OSJ(2,249円)を買ってみました。付属の粘着材で消音駒に貼り付けます。

いい感じに完成しました♪
どんな音になるでしょうか?
posted by Paconta at 17:12 | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。