2015年03月24日

つや消し滑り止めバチ

s-DSC08657.jpgつやつやしたバチはきれいですが、早弾き曲を弾くときには滑りやすく不安定になってしまうことがあります。
これでは島尻天川節の3分19秒やヒヤミカチ節の4分などの課題への挑戦は、なりません。

そこで、これまでも裏に粘着テープが付いた薄いゴム板をバチに貼って滑り止めにして、良好な感触を得ていました。

ふと思いついて、ゴム性塗料のスプレーを吹き付けてみたところ、段差がなくなって最高な感じになりました。もちろん弦が当たるところはマスキングをして塗り残すようにしています。バチ先1mmだけで十分なはずですが、ちょっと控えめに20mm残してあります。
下地を荒らさずツルツルのままなので、耐久性にはやや難があります。

でも、これはいいですよ〜♪
posted by Paconta at 00:00 | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。