2014年01月20日

卓上ボール盤の応急処置

DSC05231.JPGあさのさんからアドバイスいただいた、16番輪ゴムを駆動ベルトとして使うことを試してみました。
プーリーの幅から3本かけてみたところ、ちゃんと駆動しますね。とりあえず、牛骨駒の脚部の荒削りを無事行うことができました。
輪ゴムなら切れてもたくさんあるので、交換用ベルトが届くまでの応急処置としてはこれで十分です。
あさのさん、ありがとうございました。
posted by Paconta at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。