2013年11月24日

巻損ない

DSC04689.JPGハイビスカスの花は、咲き終わると傘を畳むように花びらをきちんと巻いてから、ぽとっと落ちるのが普通です。今日の花は、巻損なっておしべ・めしべがぴんと張ったまま、その根元に花びらが縮んでいます。
首の長い鶴のような鳥が飛んでいるようにも見えます。こういう形になるのは、このハイビスカスを栽培してから初めてのことです。
posted by Paconta at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南千住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。