2005年08月22日

賞品ゴム銃 Tammary 8000の特長

Tammary8000.JPG今度の日曜日に開催される関東地区第7回射撃大会で、Paconta Factoryから賞品として提供するゴム銃、Tammary 8000の特長を紹介しよう。

Tammary 8000は、Pacontaに全国ランキング3位の栄誉をもたらしたTammary 3と同じ構造を持つゴム銃である。グリップの彫り込み構造、メインフレームの模擬スライド、銃身の交換式構造、グリップ内蔵の鉛ウェイトを省略した、いわば廉価版に相当する。しかし、フレーム最後部に設けられたリアフック、メインフレームよりも高く配置して輪ゴムの折れ曲がりがない銃身、高い命中率を誇る機構部には全く変更ない。銃身長はコインペンドラムを意識したオールラウンドモデルとして、短めにしている。競技に使えば十分上位を狙うことができるはず。リアフックの復帰は重力式であるが、戻りが悪い時は指でコッキングする。
シルエット、特にグリップの後退角度と、両手撃ちする時にホールドしやすいトリガーガードをBeretta 8000 Cougarから取っている。ゆえにTammary8000の名称となっている。

賞品ゴム銃Tammary 8000は、豪華な黒色の専用ケースに収納し、記念のエンブレムをつけてお渡しする。お楽しみに。


posted by Paconta at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。