2006年07月25日

新型ゴム銃発表

ゴム銃Tammary701Edge杉並区支部記録会で、2つの新型ゴム銃を発表しました。Paconta Factory(設計)、凝る塗日本(製作)の2社コラボレーションによる Tammary 701(モデル:コリフィラHSP-701)と、Paconta Factory 自社設計・製作のTammary Edge(モデル:STI Edge)です。ついでに東京マルイ製のエアガン、コルトM1911A1(ガバメント)を並べてみました。
こうやってみると、まず手に取ってみたいのは、Tammary 701ですね。エアガンのリアリティを上回る魅力を持っています。
posted by Paconta at 00:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目に付いたのはt−8と違いグリップセーフテイとトリガーでした,実は今、色々とトリガー位置をかえてます。指が短いので、t−8と同じ梃子式かな、押込み式かなと推察してますが。今、トリガー巾を広げ見た目ガバに近づけてますが、トリガーの切れは、やはり梃子式の方が良い様です,ニユーモデルはとても素適ですね。いずれTRYしたいです。23日は理事長指示通り欠席しました。
Posted by I.matukawa at 2006年07月25日 11:52
ガバ方式のトリガーは、構造上遊びがあります。この遊びが射撃の際に安心感をもたらします。これまで私も軽く切れが良いトリガーが良いと思っていましたが、考えが変わりました。
Posted by Paconta at 2006年07月25日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。