2004年11月04日

2挺目のゴム銃製作(2)

75f14713.JPG

ST2003FRの詳しい作り方は、日本ゴム銃射撃協会ゴム銃の製作で説明されているので省略し、違うところを書いていこう。


1)デザインの変更
何も考えずに、図面のとおりに製作すれば、苦労もなくゴム銃が一挺できあがるはずなのだが、何かひねってみたくなるのが性分である。
オリジナルは、直線状の銃身であるが、メインフレーム先端の太さに合わせ、銃身先端のゴム掛け部分(ホールドグルーブというそうだ)に向けて細くなるようにしてみた。長い銃身が一体に見えるようにするためである。
(反省)これは加工がたいへんなだけで、あまり意味がなかった。

2)部品の切断方法
説明写真にあるようなPROXXON(プロクソン)コッピングソウテーブル No.28089電動糸のこ盤など持っていないので、城端ブレード本格!多機能!凄い切れ!胴付き鋸・縦横両刃鋸・金鋸の3種の鋸刃を一本で!ピラニ...ピラニア鋸で切断する。この銃は、直線的なので部品の製作は素人にも楽である。
斜めに長く切るテーパー部分は、カッターナイフで切断した。定規を使って、まっすぐに切ることができるからである。アガチス材は加工しやすいとはいえ、何回も刃を入れる必要がある。
トリガは、だいたいの形に切ってから、カッターナイフとヤスリで曲線を作っていった。なかなか時間がかかるし、手も痛くなる。やはり電動糸のこ盤が欲しくなる。

3)面取り
小型カンナを使うと書いてあり、写真をよく見ると直線状の面取りである。グリップは握ると痛そうな感じがする。そこで私は秘密兵器を取り出す。小型の面取りカンナである。円弧状の刃がついているものを使えば、角にカンナを当ててカンナがけするだけ、自動的に
丸く面取りができる。これは素人にとってとてもありがたい。日曜大工にも重宝する。
アガチス材は木目の前後がわかりにくいが、方向を考えてカンナがけしないとやはり切り口はケバケバになる。

4)トリガーとホールドフックもどし用のゴム
12番の輪ゴムを使うと書いてあるが、16番でも何とか大丈夫だった。トリガー用は、2重にして使った。ホールドフック用ゴムは、発射後ホールドフックを元の位置に戻す役割なので、強い必要はない。

5)ピン穴
お手本は、メインフレームを貫通するピン穴であるが、突き抜ける前に「寸止め」し、ゴム銃のメインフレーム表面に穴をあけないことにした。その分ピンを短くする必要がある。
しかし、ピン先端を平らにするのをさぼったため、ふとした弾みに、突き抜けてしまった。

完成したのが、上記の写真。なかなかよく当たるゴム銃だ。ゴキゲンである。
トリガーが若干長く、トリガーを引くと中指をこする。作り方写真の背景に写っているようなトリガーガードがあると、中指は無事だなぁと思うが、今回は見送る。しかし中指が気持ち悪いので、グリップの下を持つようにすると、小指が少しグリップをはみ出る。次は、グリップを少し長くしたゴム銃にしよう。

posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。