2014年11月30日

青田買い@多良川

青田買い.jpg洞窟貯蔵庫の入口近くには、地元小学生の入学祝に多良川社長がプレゼントした2.5升瓶が保管されていました。一人一人の写真入りのラベルが貼ってあります。粋ですねぇ。
みんなが成人する頃にはいい古酒になっていて、この瓶を開けてお祝いするのでしょう。
posted by Paconta at 00:00 | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

洞窟貯蔵庫ういぴゃーうぷうす蔵内部@多良川

多良川蔵内部.jpg貯蔵庫は、天然の洞窟に手を加えたものだそうです。奥に行くに従って深く、左にカーブする構造です。
右側に棚があり、たくさんの泡盛が貯蔵されています。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

うおがし丼@ゆたか丼丸

DSC08068.JPG今日の夕食弁当は、うおがし丼。トッピングネタはまぐろ、うに、いくら、イカ、そしてネギトロ。
シャリ大盛りで600円。今月いっぱい8%引きの3つめのメニューです。
posted by Paconta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

伊良皆高吉コンサート@クイチャーパラダイス池袋本部

DSC08060.JPGクイチャーパラダイス三線教室池袋本部を会場とした、2回目のコンサートが開かれました。
唄三線は、八重山民謡の巨匠、伊良皆高吉先生。浜川洋子さんが宮古民謡を唄いました。
楽しいコンサートでした。
その後はいつものように、教室で打ち上げ。
posted by Paconta at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

洞窟貯蔵庫ういぴゃーうぷうす蔵入口@多良川

洞窟貯蔵庫ういぴゃーうぷうす蔵入口.jpg泡盛製造工程のビデオを見た後、外を少し歩いて酒蔵の入口に来ました。
なんだかテーマパークみたいな写真です。この扉を開けて、地下酒蔵に降りていきます。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

多良川

綾道(砂川・友利コース)の見学を終えて平良に戻る前に、砂川のもう一つの重要な観光スポット、泡盛「多良川」の工場へ行きました。
泡盛製造工程のビデオを見た後、洞窟貯蔵庫の見学ができます。売店では試飲もできますが、一人で車というのは残念なことです。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

友利・元島遺跡@綾道(砂川・友利コース)

友利遺跡.jpg元のインギャー・マリンガーデンに戻ると、その北側に友利・元島遺跡があります。13世紀から18世紀後半にかけての集落遺跡で、1771年の大津波で壊滅的な被害を受けたとのことです。

これで綾道(砂川・友利コース)は無事一周を果たしました。
いくつか見落とした地点もありますが、それはまた次回宮古島を訪れたときに行ってみることにします。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

クスウイピャームトゥ@綾道(砂川・友利コース)

s-DSC07558.jpgマイ・ウイピャームトゥの次はユア・ウイピャームトゥかと思ったら、クスウイピャームトゥでした。屋根柱が半分崩壊しています。
この先に、先島諸島火番盛 砂川遠見の遺跡があるはずなのですが、道に迷いそうだったのであきらめました。スマホにGPSはあっても、表示する地図に道が書いていない場所なのです。
また、センダンソウの実が足にたくさん付いてしまい、チクチク痛くて嫌になったというのもありました。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

Happy Rainbow Culture@北千住ルミネ屋上

DSC08042.JPG北千住カルチャー三線教室のあと、会場のある北千住ルミネの屋上で「Happy Rainbow Culture」イベントがあるというので行ってみました。
芝生の上に、ワークショップや飲食ブースが設けられていました。快晴で見晴らしも良く、とても気持ちのよい屋上でした。
posted by Paconta at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

どんまる丼

DSC08029.JPG今日のクイチャーパラダイス三線教室本部教室が始まる前の夕食弁当@ゆたか丼丸は、「どんまる丼」。トッピングネタはまぐろ、サーモン、イカ、ネギトロ。シャリ大盛りで600円。今月いっぱい8%引きの対象です。
posted by Paconta at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

今日の一本「百年麦芽」

またまた限定製造の文字に惹かれて。。。

サッポロビール 「百年麦芽」

 サッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ 百年麦芽」を2014年11月5日(水)に数量限定発売します。
 この商品は、英国・ノーフォークの製麦所で100年以上受け継がれてきた“手作り麦芽”を使用しています。この地域は穏やかな海洋性気候が特長で、上質な麦芽用大麦の産地として英国内で高く評価されています。その上質な大麦を使い、長い経験を積んだ職人の手による丁寧な発芽工程や焙燥工程が、麦芽の力強い味わいと個性を生み出します。
 この“手作り麦芽”のうまみを最大限に活かすため「長期熟成製法」を採用し、芳醇で凝縮したうまみを実現しました。
 サッポロビールならではの原料や製法にこだわった商品「サッポロ 百年麦芽」を、「コク・味わい系」のニーズが高まる秋から冬にかけてお楽しみください。

(サッポロビールのニュースリリースから引用)

これもまずまずです。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

マイウイピャームトゥ@綾道(砂川・友利コース)

s-DSC07554.jpg続いて現れたのは、マイウイピャームトゥ。ウイウスムトゥよりも大きく、立派です。お供えものを入れてきたのでしょうか、内部に容器が残されていました。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

ウイウスムトゥ@綾道(砂川・友利コース)

s-DSC07546.jpgジャングルの中をかき分けて歩くこと○分、取材班がそこで見たものは…?
「あーっ!これは。。。」 謎の物体、その正体はCMの後で。
懐かしい木曜スペシャル風でしたが、ウイウスムトゥの遺跡。

古代住居の名残とされる石積み囲いの小屋が残され、神事の籠り屋として使われる。小屋には神として祀る「イビ」が鎮座する。(沖縄の宮古島100の素顔)

茅葺きの屋根は朽ち果て、イビはよくわかりませんでした。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

蝶@綾道(砂川・友利コース)

s-zDSC07537.jpg汗だくになって道を登っていくと、蝶が羽を伸ばして花の蜜を吸っているところに出逢いました。これは縁起がいいなと思っていたら、草地の広場に出て、そこには半端じゃない数の蝶が舞っていました。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

セメントサイロ解体

DSC08014.JPG南千住にあるセメント工場のサイロ、操業停止後放置されていましたが、ようやく再開発の計画が決まって現在解体工事中です。
カニの爪のような重機で少しずつ壊す様子は、怪獣に食べられていくようです。
再開発では、ホームセンターができる予定だそうです。大、大、大歓迎!!!
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南千住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

見上げれば、秋

DSC08013.JPG青空をバックに街路樹の紅葉と高層マンション。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南千住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

上比屋山遺跡@綾道(砂川・友利コース)

s-DSC07533.jpg車で細い山道を進んでいくと、「上比屋山(ういぴやーやま)遺跡」の碑がありました。車を駐めて、草をかき分けて歩いて登っていきます。道からけっこう離れているようでなかなか到着しません。

砂川集落の南、高さ40mの琉球石灰岩丘陵にある14〜15世紀の遺跡で、南側の砂川元島遺跡(うるかもとじまいせき)とあわせて広い集落跡を形成している。
遺跡内からは、宮古式や八重山式と呼ばれる土器や青磁・沖縄製陶器・南蛮陶器などが見つかっている。特に青磁が多く、その解釈をめぐって「倭寇の根拠地」説・「貿易で栄えた港町」説・「貿易の中継基地」説などがある。また、遺跡内には、10ヶ所余の御嶽があって、うち3ヵ所は、昔のまま石垣の上に茅の屋根が葺かれている。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

友利のクイチャー・獅子舞@綾道(砂川・友利コース)

s-P1050347.jpg友利土地改良記念之門の中に広場と公民館があります。
この中に、友利のクイチャー・友利の獅子舞を紹介する碑がありました。
市指定無形民俗文化財、こればかりは、実際に踊るところを見ないことにはどうにもなりません。

が、今は便利なものでYou Tubeにクイチャーフェスティバルの動画がアップされているので、簡単に見ることができますね。
サッサー サッサー の掛け声で始まり、唄のみで三線のないクイチャー。
ヒーヤールーガーヒー サーサゆいさがゆいさ
と與那武岳金兄小の囃子と同じ節が出てきます。
クイチャーにもジャンプがあって、漲水、西原とは違う雰囲気です。
友利の獅子舞の唄は、川満の棒踊りと同じ旋律で始まります。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

山羊さんたち@綾道(砂川・友利コース外)

s-zP1050334.jpg戦没者慰霊碑・タカパナムトゥの手前で、傾いた小屋の中から山羊さんが2頭出てきてこちらをじーっと見ていました。
posted by Paconta at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

タカパナムトゥ@綾道(砂川・友利コース外)

s-P1050327.jpg戦没者慰霊の碑の隣の茂み、なんとなく御嶽っぽいなーと思って近づいてみたら、やはりタカパナムトゥという御嶽がありました。
御嶽のパワーを感じたのでしょうか?その割には目的のンニマムトゥへは遂にたどりつけませんでしたが。
posted by Paconta at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。